カントリーハウスの庭LinkIcon


 coming soon


バルコニーガーデン
(軽量土壌を利用したルーフガーデン)
LinkIcon

 coming soon

シンプル×和LinkIcon

 coming soon



竹垣と瓦の創作庭園LinkIcon


 coming soon


LinkIcon

 coming soon

LinkIcon

 coming soon



シンプルでカッコイイ庭LinkIcon




楽しめる庭へとリメイクLinkIcon


 coming soon

木々に囲まれたコテージLinkIcon


 coming soon



エコハウスに合わせたガーデンLinkIcon

 ミサワホームが提案する三角屋根のエコハウス。この外観にピッタリ合わせて北欧風ガーデンを提案。 シンプルで飽きのこないデザインに仕上がりました。 天然の素材しか使っていないから、庭の雰囲気は抜群です。駐車場もあえてコンクリート打ちせず、グランドグリッドと赤城山の多硬質な火山岩砕石を用いて夏の温度上昇を軽減しました。おかげで全体の雰囲気も損なわず、優しい外構&庭になりました。

開放的なガーデンでくつろぐLinkIcon

 総面積75坪のガーデン。桐生市のエースホテル様「あおぞらカフェ」。 当事務所の見本庭園としてもたくさんの方に訪れて頂きたい作品です。 デッキ、テラス、樹木、草花、池、ガーデンシェッド、ファニチャー、ライティング、盛りだくさんのドリームガーデン。 すっきりトロピカルと、ふんわりノーザンエリア、落ち着いたネオジャパニーズ、3タイプのエリアに分けています。

シックなエントランスガーデンLinkIcon

 このエントランスガーデンをデザインする上で一番大切にしたのが、施主である若いご夫婦ご自身の雰囲気。優しくて物腰柔らかな、このオーナーの生活空間にふさわしい提案をしました。良くありがちな色遣いは避け、オリジナリティーがあり、かつ奇抜でなく上品な雰囲気を目指した一例です。 植栽した下草の色にも気配りし、グレー系の石が暗い印象を与えないよう注意しています。

派手さはないけど、心地いいLinkIcon


 「ハワイアンリゾートの雰囲気」がお施主様の第一希望。 白×木の住宅に合わせ、シンプルな仕上がりになりました。 周辺環境との調和にも配慮し、決して派手さはありませんが、リゾートのような清々しい心地よさのある空間に仕上がった一例です。 駐車場と庭を隔離せず、シンプルな木フェンスで仕切ったことで、敷地全体が一つの空間としてまとまっています。

決めては既存物の活かし方LinkIcon

 玄関から道路まで延びる枕木×砂利のアプローチ、ポスト、ポールライト、それぞれの既存物をうまく取り込んで活かされています。 主役はベルギー製レンガKoto(Atois)の門塀と植物たち。その中に既存物が自然に溶け込む。 既存アプローチは道路境界部を一部解体して、駐車スペースからつながる天然石の乱張りとつなげることで、グッと高級感が増しました。



レストランの小庭をリメイクLinkIcon

 高崎の中心街にあるホテルの1F。レストランの中庭をリメイクして、眺めて楽しい空間に。 季節ごとに違う花々が楽しめるパティオ風のガーデンは、華やかさの中にも落ち着いた空気感が漂います。
 タイルの壁面にはバラやブドウを配しました。 今後、植物たちの成長と変化が楽しみな庭です。

シンプルプラン+グリーンLinkIcon

 既存の御影板石を活用し、白、サビの2色使いで舗装。 コンクリート舗装にもデザインを取り入れ、草目地で柔らかさを出しています。 オレンジのポストとアオハダが、「素敵な人が住んでいそう・・・」な雰囲気を作ってくれています。

デザイン画集LinkIcon

 ハンドドローイング、キャドドローイング、それぞれのデザイン設計図を集めました。










(群馬県在住以外でも、駐車スペース優先の庭になってしまう方、お読みください。)



  群馬県は、自動車社会。公共交通機関が発達していないため、一家に乗用車4台というのも当たり前の土地柄です。  必然的に外空間のメインは駐車場・・・という実利的で、ガーデンデザイナーとしては少しさびしい結果になりがちです。
  しかし、だからこそ、駐車場も含めた外空間が統一された雰囲気の中にまとまった、違和感のない自然なガーデン構成が大切なのです。 しかも、そうすることで自然と使い勝手も良くなるんです。
  デザインの手始めはゾーンニングですから、生活しやすい=まとまりのあるデザイン という風に、良い仕上がりへとデザインが導いてくれるのです。
  ここからここまでが駐車場・・・・こっちが庭・・・、ここに境を作って・・・・という明確な線を引くことも大切ですが、 その境界を取り払って・・・又は曖昧にして 「広い庭を確保」するということも可能なんですよ。
 もちろん、道路との高低差やその他諸条件により困難な場合もありますが、庭の半分以上が駐車場に・・・という場合には、しっかりとしたプランニングを元に、「以外に広くて楽しめる庭」を実現することも可能です。